居酒屋で生じる事の多い問題を挙げ、それらを予防するための方法を提案します。

グルメのエッセイ集
グルメのエッセイ集

発生し易いトラブルとその予防策

合コンや女子会、打ち上げ、パーティー、デート、歓送迎会、二次会など、多様なバリエーションの名目で、和食の居酒屋は数多くの人々に利用されております。
居酒屋は、読んで字のごとく、アルコールを提供する店舗であることから、おのずから、ある程度遅い時間帯に、一定の年齢層以上の人たちによって利用されることが多くなります。
そのように、夜遅くに屋外のナイトスポットで酒を飲む場合には、他の利用客や店舗スタッフ、通行人、同居している家族などとの間でトラブルが生じるリスクが低くありませんので、注意する必要があります。
例えば、アルコールが入ると、泣き上戸になったり、大声で叫んだり、暴れたり、店内を走り回ったりして、他の客やスタッフに迷惑をかける人も少なからず見受けられます。
また、それらの場所では、一緒に店舗をおとずれた仲間や、見ず知らずの人に対して言いがかりをつけたり、絡んだりして、口論や取っ組み合いの喧嘩になる事例も数多く報告されています。
そして、酒の飲み過ぎによって、急性アルコール中毒の症状を呈し、救急車で運ばれる人などもいると言われております。
その他に、仲間と飲んだり、食べたり、騒いだりして楽しく過ごしていると、ついつい時間が経つのを忘れて、帰宅する時間が遅くなるケースもめずらしくありません。
そうすると、JRや私鉄、地下鉄、モノレールなどの終電が無くなったり、船舶や航空機、フェリーなどの最終便が出てしまったりして、帰りの交通手段を手配することが難しくなる可能性も生じてまいります。
それに、自宅へ帰る時間が遅くなると、家族が心配したり、玄関のカギを開けるために起きて来なくてはいけなくなったりすることにも気を配る必要があります。
また、学生寮や社員寮、女子寮、しつけの厳しい家などに居住していて、門限などが設定されている場合には、その時間までに帰らないと、然るべきペナルティを科せられたり、他の寮生や物件の管理者、保護者、同居家族などとの人間関係が悪化したりすることにもなり兼ねません。
それらのリスクを軽減するためには、自身が、どれほど酒に強いのかを把握して、その限界を超える量のアルコールを摂取しないよう注意を払う必要があります。
また、他人が飲み過ぎないように注意したり、酔っぱらったり、酔い潰れて眠ってしまったりした人を介抱したり、タクシーなどで自宅まで送り届けたりすることも大切なファクターとなります。

Copyright (C)2017グルメのエッセイ集.All rights reserved.