博多の郷土料理から全国的に大ブームになったもつ鍋はグルメ料理の中でもヘルシーで安いのが魅力の鍋料理です。

グルメのエッセイ集
グルメのエッセイ集

ヘルシーなグルメのもつ鍋について

日本でブームになったグルメの一つにはもつ鍋があります。
これはもつと野菜などを一緒に煮込んだ鍋料理の一種です。
もともとは福岡県博多で第二次世界大戦後に調理して食べられるようになったのがきっかけで誕生した鍋です。
別名ホルモン鍋と呼ばれることもあります。
特徴はステンレス製の浅い鍋を使っている点で、通常の鍋のように深さのある土鍋を使う方法とは異なります。
野菜はニラやキャベツが主に使われます。
1990年代に全国的にもつ鍋ブームが広がったためにもつ鍋専門店が全国に増えました。
もつ鍋は安くて栄養があるという事で人気が出ました。

スープは臭み消しのためのにんにくを使ったしょうゆや味噌の味付けが使われますが、飲食店によって特徴が異なるようです。
すき焼き風のものや酢醤油をつけてたべるスタイルなどもあり個性的です。
1990年代の大ブームが去った後も、博多の郷土料理だったもつ鍋は全国で愛され続けています。
もつ鍋はグルメ料理の中でもヘルシーな料理でもあります。
もつにはコラーゲンがたくさん含まれており、女性の美肌作りにおすすめです。
野菜がたっぷりでビタミンがたくさん摂れます。
もつ鍋はもつや野菜からおいしいだしが出るので食べ終わったスープにはちゃんぽん麺を入れて締めにして食べる方法も好まれます。
飲食店で食べるほかにも、通信販売などでもつ鍋のスープのもとが販売されることも増え、家庭でも手軽にもつ鍋を食べる人も増えています。

Copyright (C)2017グルメのエッセイ集.All rights reserved.