台湾に親戚が居て、中華料理店を横浜で営んでいました。まわるテーブルで沢山の朱対のアジアンおかずグルメは大好き。

グルメのエッセイ集
グルメのエッセイ集

アジアンではヤムチャが大好きな中国のグルメ

アジアンと行ったら。中華。まわるテーブルで食べるのが大好きな中華料理。中華料理と言うと脂っこいとイメージが沢山ありますが、ジャスミン茶と一緒に飲むと消化作用に負担が来ません。中華料理が太るならどうして、中国人って太ってないのか?なんて話しよく聞いた事があります。
それは、本人との関係であまり説得力ないですが、親戚が台湾の人と結婚して横浜にお店を出したのは私が中学生の頃で、初めて言った横浜の中華街はとっても不思議でした。
異国の雰囲気が100%で始めはなかなか親しめなかった。
しかし、食事をしてみると色々なおかずが沢山出てきて楽しいんです。
始めは新宿の三井ビルの最上階にレストランがあって中華料理を食べたのがきっかけです。
父がそのレストランが大好きで良く行っていたので一緒によく行ったのですが、

最上階から見える景色の中で食べたヤムチャはとっても美味しかった。小さいお皿に色々なおかずを乗せてウェイトレスがサービスにまわって来ます。
それを選ぶのが楽しかった。エビチリはとにかく美味しかったし、もち米の中国チマキはまた格別です。
少し脂っこいですが。横浜のお店では蛙のから揚げに挑戦。以外にも淡白で美味しかったです。
料理した姿は肉の部分だけなのでイメージしなくても美味しくいただけます。
デザートの月餅(ゲッペイ)は中に卵が入っているのを抜かしてお味はなかなかいいです。
杏仁豆腐はやっぱりグー。ふんだんに食べて満腹で食べてジャスミン茶で締めくくりして最高の食事でした。

しかし、毎日は胃に負担が来ますよね。独特の臭いが苦手な方は近くの中華レストランで済ませた方がいいかも〜。街路で売っている肉まんはジューシーですよ。グルメにはたまらないです。

Copyright (C)2017グルメのエッセイ集.All rights reserved.