焼き鳥は日本の誇るグルメです。すき焼きやしゃぶしゃぶと並んで日本を代表する食文化といっていいと思います。

グルメのエッセイ集
グルメのエッセイ集

焼き鳥は日本の代表的なグルメです

飲食店の中に焼き鳥の看板を出したお店は数多くあります。
ひらがなの「やきとり」としたお店もあります。
普通の居酒屋のメニューは多国籍で、焼肉などをメインにしたところもありますが、和食、中華、洋食、イタリアン、エスニックと様々です。
ところが焼き鳥屋は、焼き鳥以外はメニューにない店がほとんどなのです。
サイドメニューで漬物やラーメンなどはあるのですが焼き鳥だけで勝負が出来る店がほとんどです。
焼き鳥という看板を出している店は、主に鶏肉を中心に食材を提供しコース料理で一通りの鳥の部位を提供しているのが多いようです。
「やきとり」の看板を出している店は、鶏肉もありますが主に豚や牛の内蔵を使っているという区分もあるようです。
ハツ、タン、シロ、カシラなどがお馴染みです。
日本を代表するグルメです。

ビートルズが来日した時に確か焼き鳥を食べに行った写真が残っていると思うのですが、アメリカの大統領が来た時も焼き鳥を食べに行ったと思うのです。
すき焼きやしゃぶしゃぶと並んで日本を代表する食べものであることを証明しています。
有楽町のガード下の屋台に近い店でサラリーマンが焼き鳥を食べビールを飲む光景はなかなかいいものです。

日本にどのくらいの数の焼き鳥屋があるのかは想像も付きませんが、店内で食べるだけでなく持ち帰りの焼き鳥を店頭で売っている店はどこの街にもあります。
女性や子供がファーストフードとして、おやつとして食べているのです。
スーパーマーケットには必ず焼き鳥や惣菜コーナーがあり、最も売れているものの一つです。

Copyright (C)2017グルメのエッセイ集.All rights reserved.