一人で外食を楽しむ人も珍しくなくなり、むしろ、お一人様に快適に過ごしてもらうという発想も増えてきました。

グルメのエッセイ集
グルメのエッセイ集

お一人様を楽しむ

最近では、お一人様という言葉も出来て、一人でレストランや居酒屋などの飲食店に行って食事を楽しむ人も増えてきました。
お一人様特集、などの銘で、一人で入りやすい店の特集が組まれることもあります。
そもそも、お一人様という言葉はどこで使われていた言葉でしょうか。
ファミリーレストランなどへ行くと、入口で店員に、何名様でしょうか、と人数を確認されます。
客の来店した人数が一目で分かるような場合、店員は、何名か尋ねずに、お二人様でしょうか、三名様でしょうか、と確認の形をとる場合があります。
ぱっと見て一人で来店していると判断した場合、お一人様でしょうか、と尋ねるわけですが、一人で来店することが全く平気な人にとっては何でもないその言葉が、一人で少し肩身の狭い思いをしながら来店したような人にとっては、あえて確認されることで時には刺さる言葉として取り上げられ、今では、あえてお一人様を楽しむという発想にまで発展してきました。
お一人様にとっては、向かいに誰もいないテーブル席に座るよりは、カウンター席に座るほうが良いと、カウンター席を選ぶかも知れません。
店側としても、一人で二人掛けや四人掛けのテーブルを占領されるよりも、カウンター席に座ってもらったほうが好都合でしょう。
また、一人でも入りやすい店を目指した結果、机の真ん中についたてを立てて、両側に一人ずつ座って気兼ねなく食事ができるようにしている店も出てきました。
一人でお店に入って、食事をするという状況は、それだけ多くなってきているということでしょう。
見ず知らずの店で、隣りに座った人と、打ち解けてお酒を味わうという番組が人気なのは、一昔前なら珍しくなかったそのような光景が、今は少なくなってきているからなのかもしれません。
とはいえ、一人にしろ、家族や友人と出かけるにしろ、ゆっくり食事やお酒を楽しみたいと思ったら、店の雰囲気は大切でしょう。
和食の居酒屋の中には、個室を用意している所も多く、ゆっくりと会話を楽しみながらお酒や料理を楽しむことができるところもあります。
そのうち、お一人様向けの小さな個室が用意された店が出てくることもあるかもしれません。
社会の変化に伴い、晩婚化も進み、ライフスタイルも変化して、一人で生活することを選ぶ人も増えてきました。
生活を支える上で大切な要素である食の分野で、ニーズに合わせて形態が変化していくことは当然のことだと言えるでしょう。

Copyright (C)2017グルメのエッセイ集.All rights reserved.